読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふんわりクライマーの徒然日記

クライマー気質。関西に移住。所属するチームを悩み中。

JBCF 伊吹山ドライブウェイヒルクライム_E3_92/137位

自転車 レース

実業団デビュー戦!

御方のテンプレを使用して振り返ってみよーう( ´ ▽ ` )ノ

 

年月日:2015年4月12日

レース名:JBCF 伊吹山ドライブウェイヒルクライム

カテゴリー:E3

コース:伊吹山ドライブウェイ 10.7km 標高差800m

スタート時間:13:44

天気予報:晴れ, 風速5m/s

ウォーミング・アップ:ローラー

作戦:心拍数を序盤で上げすぎないよう意識。

   高くても175bpm程度か(最大は約200)

マーク選手:まだいない


<レース振り返り>

注意すべき選手:まだいない

天気:晴れ

コース状態:ドライ。10%-7%を繰り返すとA野さんからの事前情報

      そうとう足にきそうだ^^;

レース戦略:完走。マイペース(これが失敗の素)

レース前の食事:おにぎり×2と冷やし中華を2.5h前にゆっくりと

        鉄と酸素を食べた。

機材・ウェア:BOTTECCHIA SP9+キシリ+YKS、夏用チームジャージ

ウォーミング・アップ:ローラー低負荷10min→1min×3fastpedal

           →rest5min→1min100%FTP→cooldown 

スタート時の覚醒水準(意識のはっきりさ度合):ふつう

リザルト(順位・タイム・タイム差他):92位) 37:45(トップから7:54差)17.0km/h

うまくいった点:踏むだけではないぺダリング、ダンシングを適宜はさめた。

        小さな集団をまわせたこと。

        最後にSAの人ともがきあいができたこと。

今後、改善が必要な点:トップ集団についていくという考え自身がなかったこと。

           上半身のビルドアップ

レース後の痛み・違和感・不具合:右足首、背中

その他コメント: ウォームアップは非常に良くできたとかんがえられる。スタート時は思いのほか、緊張しなかった。たぶん、周囲にSAの面々がいたことが要因?

しかし、スタート直後から良くなかった。悲劇はここから。

まず、最大の失敗は草レースの感覚のままレースに臨んでしまったこと。実業団レースは自分との戦いではなく、他の人との戦いであることを、身をもって体感した。そのため、スタートダッシュではポカン状態。失敗に気がついたころには、開始から3km程過ぎてしまい、先頭集団からは遠く離れ取り返しは付かない状態に...

その後小さな集団を作り3kmほど集団を回せたが、徐々にちぎれてしまい最終的には一人旅に。足の疲れと言うよりは上半身の疲れと、心肺の疲労感。

ゴール前1kmでなぜかやる気になるが500m地点で失速。

その後、残り300m地点で最後のモガキ。SAの人と競るが負ける。

 

つまり、がっつり、洗礼を浴びました。

 

今後やるべき練習としては、秋葉山などで高負荷トレ。

スタートからがっつり心拍も上げたトレーニング。

二本目はタンタンと登る練習。かな。

 

別の収穫として、FTPが210→244に向上。

これで練習がまた三回りぐらいきつくなるな...

f:id:swordwer:20150413105523j:plain
写真はチーム員との夕食@さわやか