ふんわりクライマーの徒然日記

クライマー気質。関西に移住。VC VELOCE一年目。

マウンテンサイクリングin乗鞍参戦記

マウンテンサイクリングin乗鞍

f:id:swordwer:20170828194343j:image

f:id:swordwer:20170828194404j:image
現在値 
 体重:59.3kg
 体脂肪率:10.7%
 CTL:79
 TSB:3
体重管理への執着心が落ちている。

と言うよりも回復のために取るべき食事量と

ダイエットのために取るべきでない量とのバランスが取れない。

お盆に乗りすぎてそれを上回る量食べてるんだろうな…難しい。

 

■プラン
月日:2017年8月27日
レース名:マウンテンサイクリングin乗鞍
カテゴリー:一般男子C
コース:乗鞍エコーライン
スタート時間:7:50ぐらい
天気予報:晴れ
ウォーミング・アップ:ローラー
作戦:前日にK山さんと話して、とりあえず前半のゆる坂は集団に付いていき

           急坂ゾーンでは自分の足と相談して決める。

           急坂のつづらを超えたら後は深い呼吸を意識しながら悶え頑張る!とする。
マーク選手:まだいない

<レース振り返り>
注意すべき選手:草レースなのでいない
天気:快晴!
コース状態:ドライ
レース前の食事:前日夜に2run摂取。4時20分に起床し、宿の好意でいただいたお弁当と前日買ったパンを車の中で食す。レース1時間前にオキシアップとFe錠剤。メイタンもここでチャージ。30分前には会場でばらまかれてたアミノバイタルゲル赤。ドリンクはグリコ黄を1本
機材・ウェア:S-works tarmac corima GP4000(23C) 、夏ジャージ上下 アームカバー
ウォーミング・アップ:集合時間とローラーできる場所がよく分からず焦る。結局アップで手を抜いてしまった…今回の敗因の一つ。
スタート時の覚醒水準(意識のはっきりさ度合):良くない。振り返って分かったけど頭ボーっとしてたなぁ。
リザルト(順位・タイム・タイム差他):90/645位) : 1:12:49 16.3㎞/h
うまくいった点:調子はレースに挑む時点で最高値CTL79ということだけ
今後、改善が必要な点:集中力に欠けた。朝一で一度気分を引き締める必要あり🤔

今までに無いほど追い込んでレースに挑んだ。

富士ヒル換算ではこのレース70分切り!

と鼻息荒くスタートに並ぶ。

どうやら隣にスタートに並んだ選手も富士ヒルで似たタイムを出していたので

話も盛り上がり、協調することに。

スタートを切り、予定通り第2集団に入る。

先ほどの選手とローテをしながら登るも辛い…

あまり心肺を見ないようにしてたけど183と高め。

なんだか進まない。辛いつらいツライ囧!

クラクラしてきたので協調てきた人とは別れを告げ

後はタラタラと登ってしまった。

結果は書いた通り、予定+4分。

肩を落とし、何故ダメだったのか?と落胆しながら下山準備し列に並ぶ。

 追い込み過ぎた?最初にアゲ過ぎ??

分からず悶々と…

 

 

で。

 f:id:swordwer:20170828194540j:image

ゴールゲート下、眼下に広がった景色

言葉を失うほど美しかった。登りでは気づかず。

見ると何箇所か崩れた跡、その山肌には新たに草木が力強く茂る。

なんだ、また頑張れよ。と言われた気がして救われた気が^ - ^

そうだね、来年もよろしく٩( 'ω' )و