ふんわりクライマーの徒然日記

クライマー気質。関西に移住。VC VELOCEニ年目。

JBCF 伊吹山ドライブウェイヒルクライム 35/72位

f:id:swordwer:20180415214305j:image

現在値 

 体重:58.8kg

 体脂肪率:10.7%

 CTL:76

 TSB:13

体重は去年比−1.5kg まぁまぁ

月日:2018年4月14日

レース名:JBCF伊吹山ドライブウェイヒルクライム

カテゴリー:E3

コース:伊吹山ドライブウェイ

スタート時間:13:40

天気予報:曇り

ウォーミング・アップ:ローラー

作戦:しっかり先頭集団についていく。そのあとはその時に考えて動く

マーク選手:いない


<レース振り返り>

天気:曇り

コース状態:セミドライ

レース前の食事:前日夜に2run摂取。5時に起床し、6時からパンを3つ食べる。ちょっと多い? レース1時間前にオキシアップとFe、メイタンCCC。ドリンクはグリコ黄を1本

機材・ウェア:S-works tarmac corima GP4000(23C) 、夏ワンピ

ウォーミング・アップ:15min→1min×3fastpedal→rest5min→5min100%FTP→7mincooldown 

スタート時の覚醒水準(意識のはっきりさ度合):高い 

リザルト(順位・タイム・タイム差他):34/68位) : 37:0617.30㎞/h

うまくいった点:走り始めの状態は悪くない。アップは成功だろう。

今後、改善が必要な点:ガツンとあげてそのあと少しずつ強度を下げながらも走れるか 

 

           食料が過多 短い距離なので、そんなに食べなくても良い

 

5時、いつも通り目覚め。

先週まで続いた咳も抜け、体調は悪くない

水曜日にルモンでベストも出ていたし、期待を胸に朝食を。パン3つ

今日は午後スタートのレースなので3時間前の10時には昼食を済ませる またパン3つ

そのあと、アップし、アミノバイタルゲル飲む。1時間前、vaamゲル。

 

レース開始

走り始め、先頭をあまり速く感じない

これは調子良いのでは?と思い淡々と追走する

でも4キロ地点で…あれ?胃のなかが逆流気味!おかしい。゚(゚´ω`゚)゚。

集中力を持ち直し、丹田周りに力を、と思うともっと辛い_(:3」z)_

走ろうとするとブレーキかかるイメージ

 

結局、後半はうまく力を発揮することができず、

心肺は特にきつくなくゴールしてしまった

 

振り返ると、失敗の要因は

  1. 食べ過ぎ
  2. 咳による調整不足

どちらかというとハンガーノックを起こしやすい体質

という気持ちが出てしまってるんだろか?

次回は食べる量、タイミングに気を使おう 多分直前のVAAMがあかんな

前回の乗鞍もそうだったので、要注意。

 

去年よりは−1.5分ではあるがまだまだ恥ずかしいタイム

夏の追い込み、そのあとの練習会での自分の走りから考えると全然ダメですな

 

次回は宇都宮ロードレース

それに耐え切れる力を身につけないとね

これからはインターバルに重きをおいた練習を組みますか٩( 'ω' )و